虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

公開日:

 金本監督とフロントの間に隙間風が吹きかねない事態も生じている。たとえ指揮官が続投しても、球団がコーチ陣のテコ入れを要求するプランが浮上しているというのだ。

「金本監督はこれまでと同様、来季も自ら招聘した片岡ヘッドらと一蓮托生でやっていきたい。組閣人事にしても主導権を握っていましたからね。しかしV逸どころか、最下位転落ともなれば、フロントも親会社も黙っちゃいない。強硬に組閣にメスを入れれば、紛糾は必至です。金本監督とすれば、コーチに責任を押し付けて、自分だけがユニホームを着続ける事態になりかねない。これが火種になるでしょう」(前出のOB)

 これまでは比較的おとなしかった在阪メディアは、成績不振、責任問題を追及するだろうし、そもそも外様の金本政権誕生に懐疑的だった生え抜きOBたちからも否定的な声が出ている。揚げ句の果ては、複数のフロントからも「超変革を掲げながら、ただチームをぶち壊しただけだ」などと政権批判が出始めているというから、ガタガタである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る