虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

公開日:

 金本監督はかつての野村、星野時代と同様に編成の主導権を握ってきた。それが監督就任の条件のひとつだったといわれている。その結果、冷や飯を食わされ続けているフロントもいるのだ。

■OB、フロント、メディアの「お家騒動」

 かつて阪神監督を務めた野村克也氏は、「阪神の歴史は内紛、お家騒動の歴史。外様監督はメディアやファンからの圧力に加え、OBからの反発にもさらされる。フロントも圧力に簡単に屈する」と著書「あぁ、阪神タイガース」で書いた。

「時の政権を快く思っていないOBやフロントの中には、足を引っ張るような情報をメディアにリークしたり、監督人事に影響力を持つ本社役員をたきつけたりする人間もいる。いわゆる『お家騒動』です。こうして周辺から外堀を埋められ、退陣に追い込まれた監督は過去に何人もいる。金本監督もそうなる可能性は十分にあります」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る