エ軍大谷に新人歓迎儀式 “過激恋愛ソング”を日本語で熱唱

公開日: 更新日:

 二刀流のエンゼルス・大谷翔平(24)が、歌唱力を披露した。メジャーリーグの恒例の新人歓迎儀式で1曲歌わされたのだ。

 MLB公式サイトが24日(日本時間25日)に報じたところによれば、エンゼルスの新人いじりが行われたのは23日(同24日)。遠征先のヒューストンから地元アナハイムへと戻る移動バス内でのことだ。

 チームメートに促されて、バス前方へと移動した大谷は米国や中南米諸国で大ヒットを記録したラテンポップの「Despacito(デスパシート)」の日本語バージョンを歌い上げた。

 歌詞の内容はオリジナル同様、日本語訳も男女が絡み合う過激なもの。

「感じるたびにエスカレート」「キスを重ねて脱がせるよ」といった性的な描写が続くため、さすがに恥じらいがあったのだろう。大谷は歌う際、歌詞カードを手に終始、うつむいたまま。歌い終えると、照れくさそうに右手を胸に当てて一礼し、後方の自分の座席へと戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る