広島が2度の足踏み…優勝しても心配な“CSで昨年の二の舞”

公開日: 更新日:

 またお預けだ。

 25日、広島がDeNAに連敗。同日に2位のヤクルトが連勝し、マジック「1」の状態で2度目の胴上げ持ち越しとなった。試合後、緒方監督は「残念だったが、やっている野球は問題ない」と前を向いたが、得意のはずの本拠地マツダスタジアムでの足踏みに表情は硬かった。

 勝てば優勝、というシンプルな条件で勝てない広島は9月に入って息切れ。開幕から毎月勝ち越していたが、今月は初めて負け越している。

 失速の一因は投手陣にある。チーム防御率は4.15。3位タイの巨人(3.79)はおろか、16.5ゲームと大きく引き離している5位阪神(4.05)よりも悪い。広島の完投数は阪神と並んでたったの「3」。これはリーグで2番目に少なく、巨人の「19」と比べると、リリーフへの負担は計り知れない。63試合登板の中崎や57試合登板の一岡、5月に支配下登録されたフランスアも46試合に登板するなど、ブルペンは常にフル稼働を強いられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る