トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

公開日: 更新日:

 【日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯】 

 申ジエ(30)が2週連続優勝で今季3勝目を挙げた。

 最終日は時折強い雨が降り、競技中断もあった悪コンディションのなか、ベストスコア68をマークして格の違いを見せつけ、2位に9打差をつけて楽々逃げ切った。

 トップ3は韓国勢が独占。女子プロ日本一を決める大会で、日本人プロはカヤの外だった。

 これで申は優勝賞金3600万円を獲得して賞金ランキングでも鈴木愛を抜いてトップに躍り出た。さらにアン・ソンジュ(31)が同2位と賞金ランクでも韓国選手が上位につけている。

 ネットには「韓国選手の勝つテレビは見ない」という書き込みも多かったが、いま女子ツアーの各主催者と日本女子プロゴルフ協会(LPGA)との間で放映権の帰属をめぐって水面下で駆け引きが行われている。LPGA主催試合は今大会とワールドレディスとLPGAツアー選手権の3大会だけ。他の35大会はそれぞれの主催者に放映権がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

もっと見る