同志の説得を“圧力”と勘違い 貴乃花はついに支援者ゼロに

公開日: 更新日:

「平成の大横綱」が、ひとり寂しく相撲協会を去っていく――。

 27日に国技館で行われた、協会の年寄総会と理事会。本来、総会では貴乃花親方(46)が内閣府に提出した告発状について、説明することになっていた。貴乃花親方は引退会見で、協会から告発状は事実無根と認めろと一方的に迫られたかのように話していたが、これは勘違いというよりウソ。

 告発状の真偽をめぐっては、親方、協会ともに弁護士を通じた書面でしかやりとりを行っていない。だからこそ、執行部も親方衆も「本人の口から説明してほしい」と要請していた。しかし、告発状の中身は難癖ばかり。弁護士による書面に頼るしかないのか、あるいは自分の言葉では説明できないのか。このタイミングでの引退会見は、「総会で赤っ恥をかきたくないから逃げた」と思われても仕方がない。

■阿武松親方は日刊ゲンダイの直撃に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る