19回目の正直…西武・菊池はSB戦初勝利で心置きなく渡米か

公開日: 更新日:

 言葉にならない言葉が、すべてを物語っていた。

 西武の菊池雄星(27)は、これまで2010年のプロ入りから9年、一度もソフトバンクに勝ったことがなかった。過去18回、0勝13敗。菊池自身も苦手意識に悩まされ、打たれたくないあまり、慎重になりすぎてボール球を連発する悪循環に陥っていた。

 しかし、19回目の対戦となった28日の試合で、念願の「初勝利」。負の歴史を断ち切った。この日は初回に3点の援護を得ながら、三回に3失点して同点に追いつかれる苦しい展開。それでも六回に中村の2ランで勝ち越し、7回3失点で何より欲しかったソフトバンク戦での白星を手にした。

 お立ち台では中村の勝ち越し弾に、「鳥肌が止まらなかった」と話した菊池。ソフトバンクにようやく勝てたことについて聞かれると、「あー……」と答えたきり、言葉が出ず、目はうるみ、必死に涙をこらえていた。

 菊池は今オフ、夢だったメジャー挑戦が確実といわれている。ポストシーズンで再戦する可能性はあるものの、これで心置きなく海を渡れるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る