• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

「選手は基本的に数字を出してナンボ。個人成績を残さないことには給料が上がらない。ひたむきにプレーしますが、それが勝ち負けに結び付くかどうかはチーム状況にもよる。状況次第でプラスアルファが加わることもあれば、逆にマイナスに作用するケースもある」

 巨人、中日、横浜(現DeNA)などで投手コーチを経験した高橋善正氏(評論家)がこう言った。

 去る12日、巨人と西武のオーナーが指揮官の来季続投を示唆。高橋監督も辻監督も今年で契約が切れるものの、来季も指揮を執らせることをほのめかしたのだ。

■必ずしも好意的とは限らず

 13日現在、西武が首位なら、巨人は3位。ともにCS、日本シリーズがかかっている中でのオーナー発言は「チーム状況」をどう変えるか。選手個々の力に「プラスアルファ」をもたらすか、それとも「マイナス」に作用するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る