プロ野球で選手入れ替わり激化 ベテランに好機到来のワケ

公開日: 更新日:

 ここ数年、プロ野球界では選手の入れ替わりが激しくなっている。

 広島の新井や中日の岩瀬らの大ベテランはもちろん、ソフトバンクの本多、中日の浅尾はともに33歳で引退。4日は、ソフトバンクの高卒3年目の小沢と黒瀬が戦力外通告された。さるセ球団幹部は、「まだまだやれるという認識はあっても、年齢、戦力のバランス、年俸、ケガの状態などを鑑みて切らざるを得ない選手もいる」という。

 そんな中、年齢での線引きをより重視する球団が出てきた。リーグ3連覇の広島は年齢構成表を編成に用いているし、ソフトバンク、日本ハムなど多くの球団が若手の育成によって、チーム強化に成功している。ヤクルトは今年、成瀬ら30歳以上のベテランの多くが戦力外になった。

 メジャーでは当たり前のようにやっていることだが、日本でもこうしたチームづくりが進めば、余力がありながらもクビになる選手が増える。一定の年齢に達したベテランは切られる可能性が高い。最たるは、昨オフに巨人を自由契約になり、37歳で引退した村田修一だろう。移籍先さえ見つかれば、まだまだやれるともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

もっと見る