プロ野球で選手入れ替わり激化 ベテランに好機到来のワケ

公開日: 更新日:

 ここ数年、プロ野球界では選手の入れ替わりが激しくなっている。

 広島の新井や中日の岩瀬らの大ベテランはもちろん、ソフトバンクの本多、中日の浅尾はともに33歳で引退。4日は、ソフトバンクの高卒3年目の小沢と黒瀬が戦力外通告された。さるセ球団幹部は、「まだまだやれるという認識はあっても、年齢、戦力のバランス、年俸、ケガの状態などを鑑みて切らざるを得ない選手もいる」という。

 そんな中、年齢での線引きをより重視する球団が出てきた。リーグ3連覇の広島は年齢構成表を編成に用いているし、ソフトバンク、日本ハムなど多くの球団が若手の育成によって、チーム強化に成功している。ヤクルトは今年、成瀬ら30歳以上のベテランの多くが戦力外になった。

 メジャーでは当たり前のようにやっていることだが、日本でもこうしたチームづくりが進めば、余力がありながらもクビになる選手が増える。一定の年齢に達したベテランは切られる可能性が高い。最たるは、昨オフに巨人を自由契約になり、37歳で引退した村田修一だろう。移籍先さえ見つかれば、まだまだやれるともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る