プロ野球で選手入れ替わり激化 ベテランに好機到来のワケ

公開日:

 ここ数年、プロ野球界では選手の入れ替わりが激しくなっている。

 広島の新井や中日の岩瀬らの大ベテランはもちろん、ソフトバンクの本多、中日の浅尾はともに33歳で引退。4日は、ソフトバンクの高卒3年目の小沢と黒瀬が戦力外通告された。さるセ球団幹部は、「まだまだやれるという認識はあっても、年齢、戦力のバランス、年俸、ケガの状態などを鑑みて切らざるを得ない選手もいる」という。

 そんな中、年齢での線引きをより重視する球団が出てきた。リーグ3連覇の広島は年齢構成表を編成に用いているし、ソフトバンク、日本ハムなど多くの球団が若手の育成によって、チーム強化に成功している。ヤクルトは今年、成瀬ら30歳以上のベテランの多くが戦力外になった。

 メジャーでは当たり前のようにやっていることだが、日本でもこうしたチームづくりが進めば、余力がありながらもクビになる選手が増える。一定の年齢に達したベテランは切られる可能性が高い。最たるは、昨オフに巨人を自由契約になり、37歳で引退した村田修一だろう。移籍先さえ見つかれば、まだまだやれるともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る