青木功会長が原因 スポンサー激怒で高額賞金大会が消える

公開日:

「試合数を増やし、何とか男子ツアーを活性化させたい」

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は2016年に海老沢勝二会長に代わって、世界のアオキこと青木功を会長に担ぎ上げた。

 ところが青木体制になっても試合数は一向に増えず、今季は海外開催2試合を含めて25試合(ANA中止のため実質24試合)しかない。現状は38試合の日本女子ツアーに大きく水をあけられている。

 そして来季はすでにレオパレス21ミャンマーオープンの主催者が撤退し、1試合減が決まっていた。

 そして、ここにきて高額試合がまた消滅することになった。

 それも青木会長が原因というから大問題だ。

 消滅するのはJGTOに来季の開催申し込みを済ませていた「ISPSハンダマッチプレー選手権」(賞金総額2億3000万円・優勝5200万円)、新規トーナメント「ISPSハンダ東京オープン」(賞金額未定)と、下部ツアー「ISPS HANDAチャレンジカップ」(賞金総額2000万円・優勝360万円)の3試合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る