マイナーリーグ球団が米中間選挙の動向に戦々恐々のワケ

公開日: 更新日:

 11月6日に行われる米国の中間選挙まで、1カ月を切った。

 米国の調査機関リアル・クリア・ポリティクスによる最新の調査によれば、上院ではトランプ政権の与党共和党がやや優勢、下院では野党の民主党がやや優勢という状況だ。

 大統領のドナルド・トランプは連邦最高裁判事に保守派のブレット・カバノーを就任させることに成功し、自身の支持層である保守派に対して政権の成果を強調している。

 一方、「アメリカ第一」を掲げ、保護主義的な貿易政策や多国間の協調よりも2国間の関係を重視する外交政策の推進、あるいは女性や社会的な少数派などを蔑視するトランプの態度が根強い批判を引き起こしているのも事実だ。

 このような状況の下でトランプ政権は保守派の支持を確実なものにするため、主たる支持層である白人低所得層の歓心を買いやすい移民の受け入れや外国人への就労ビザの発給数の抑制、中国やEUからの輸入品の一部に高関税を課す措置などを講じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る