マイナーリーグ球団が米中間選挙の動向に戦々恐々のワケ

公開日:

 11月6日に行われる米国の中間選挙まで、1カ月を切った。

 米国の調査機関リアル・クリア・ポリティクスによる最新の調査によれば、上院ではトランプ政権の与党共和党がやや優勢、下院では野党の民主党がやや優勢という状況だ。

 大統領のドナルド・トランプは連邦最高裁判事に保守派のブレット・カバノーを就任させることに成功し、自身の支持層である保守派に対して政権の成果を強調している。

 一方、「アメリカ第一」を掲げ、保護主義的な貿易政策や多国間の協調よりも2国間の関係を重視する外交政策の推進、あるいは女性や社会的な少数派などを蔑視するトランプの態度が根強い批判を引き起こしているのも事実だ。

 このような状況の下でトランプ政権は保守派の支持を確実なものにするため、主たる支持層である白人低所得層の歓心を買いやすい移民の受け入れや外国人への就労ビザの発給数の抑制、中国やEUからの輸入品の一部に高関税を課す措置などを講じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る