ビーチ代表ラモス監督を沖縄で直撃「W杯へ時間がない」

公開日:

 20~23日に兵庫・明石で行われるビーチサッカー日本代表候補合宿に先立って、12日から3日間、沖縄で開催された全日本ビーチサッカー大会の視察に訪れたラモス瑠偉日本代表監督に聞いた。

 ――今大会のレベルはどうでしょうか?

「いくつかのチームが良くなっている。ただ新しい(候補)選手が出てきていないのが残念。代表を目指しているわけではないとか、代表に呼んでくれただけで満足するとか、(考え方が)緩すぎる! もっと自分でうまくなろうとしないと」

 15日に発表された代表候補選手19人の中で初選出は21歳GKの宮城亮太ひとりだった。

「代表(レベルの)候補は20人くらい。でも(試合の)代表枠の12人に入れるかどうか、それは別問題。全日本では活躍できるけど、代表同士で戦うと力を出せない選手もいる。合宿の中で結果を出せないのに海外で勝てるわけがない。チャンスを与えないといけないけど、そんなに時間はないんだよ、オレには」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る