ビーチ代表ラモス監督を沖縄で直撃「W杯へ時間がない」

公開日: 更新日:

 20~23日に兵庫・明石で行われるビーチサッカー日本代表候補合宿に先立って、12日から3日間、沖縄で開催された全日本ビーチサッカー大会の視察に訪れたラモス瑠偉日本代表監督に聞いた。

 ――今大会のレベルはどうでしょうか?

「いくつかのチームが良くなっている。ただ新しい(候補)選手が出てきていないのが残念。代表を目指しているわけではないとか、代表に呼んでくれただけで満足するとか、(考え方が)緩すぎる! もっと自分でうまくなろうとしないと」

 15日に発表された代表候補選手19人の中で初選出は21歳GKの宮城亮太ひとりだった。

「代表(レベルの)候補は20人くらい。でも(試合の)代表枠の12人に入れるかどうか、それは別問題。全日本では活躍できるけど、代表同士で戦うと力を出せない選手もいる。合宿の中で結果を出せないのに海外で勝てるわけがない。チャンスを与えないといけないけど、そんなに時間はないんだよ、オレには」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る