J神戸新監督にスペイン人 三木谷会長“バルサ化”の野望

公開日: 更新日:

 前バルセロナの至宝MFイニエスタが所属するJ1神戸の後任監督にスペイン人指導者リージョ氏の就任が発表された。

 吉田孝行前監督の解任理由は、イニエスタ加入後の成績が3勝1分け4敗と負け越し、1試合平均1.39得点が平均1得点と下落した責任を取らされた――ともっぱらだが、真相は「王様イニエスタがストレスを感じないでプレーしてもらうために知名度の高いリージョ氏にオファーを出し続けていた」(サッカー関係者)。

 成績が上向いても、吉田前監督は解任される運命にあった。

「バルサのパスサッカーを目指し、イニエスタを引き入れた神戸のオーナーを務める楽天の三木谷会長は17年7月から4シーズン、バルサの胸スポンサーとして名乗りを上げた。その三木谷会長自身が『バルサ上層部に相談。成績以前にインテリジェンスのある監督を探している』とかねて話していた。いくらイニエスタが天才でも、周りの日本人選手がヘッポコだと成績が上向くハズもなく、とにかくイニエスタに機嫌良くプレーさせたい一心で実績のあるスペイン人監督を探していたのです。バルサのパスサッカーの体現者といわれているグアルディオラ現マンチェスターC監督が<師匠>と仰ぐリージョを紹介してもらった三木谷会長が、三顧の礼をもって招き入れた」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る