J神戸新監督にスペイン人 三木谷会長“バルサ化”の野望

公開日: 更新日:

 前バルセロナの至宝MFイニエスタが所属するJ1神戸の後任監督にスペイン人指導者リージョ氏の就任が発表された。

 吉田孝行前監督の解任理由は、イニエスタ加入後の成績が3勝1分け4敗と負け越し、1試合平均1.39得点が平均1得点と下落した責任を取らされた――ともっぱらだが、真相は「王様イニエスタがストレスを感じないでプレーしてもらうために知名度の高いリージョ氏にオファーを出し続けていた」(サッカー関係者)。

 成績が上向いても、吉田前監督は解任される運命にあった。

「バルサのパスサッカーを目指し、イニエスタを引き入れた神戸のオーナーを務める楽天の三木谷会長は17年7月から4シーズン、バルサの胸スポンサーとして名乗りを上げた。その三木谷会長自身が『バルサ上層部に相談。成績以前にインテリジェンスのある監督を探している』とかねて話していた。いくらイニエスタが天才でも、周りの日本人選手がヘッポコだと成績が上向くハズもなく、とにかくイニエスタに機嫌良くプレーさせたい一心で実績のあるスペイン人監督を探していたのです。バルサのパスサッカーの体現者といわれているグアルディオラ現マンチェスターC監督が<師匠>と仰ぐリージョを紹介してもらった三木谷会長が、三顧の礼をもって招き入れた」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る