メジャー挑戦決定 菊池雄星“10球団55億円”争奪戦の内幕

公開日: 更新日:

 それなら菊池はメジャーでどれくらい評価されるのか。年俸はいくらくらいで、何球団が獲得に乗りだすのか。

 何しろ今年のFA市場は先発左腕が豊作だ。

 サバシア(38=ヤンキース)、カイクル(30=アストロズ)、カーショー(30=ドジャース)、プライス(33=レッドソックス)と、かつてのサイ・ヤング賞投手が実に4人もいる(カーショーとプライスは契約期間中だがFAになる権利をもっている)。他にもハメルズ(34=カブス、今季9勝12敗)、ホランド(32=ジャイアンツ、今季7勝9敗)、ハップ(36=ヤンキース、今季17勝6敗)と、各球団のローテーション投手がゴロゴロいるが、市場に左腕があふれることはマイナスにならないか。

■先発3番手以内

「経験と実績のある左腕は確かに豊富ですが、そのほとんどは30歳を越えています。メジャーの投手は26歳からピークに差し掛かるといわれていますが、菊池の27歳という年齢は強みになるでしょう。ただ、ダルビッシュや田中ほど日本での実績が抜けているわけではありませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る