根尾外れリスク回避へ 吉田輝星に「ドラフト1番人気」の目

公開日: 更新日:

 今年のドラフトで「1番人気は確実」といわれるのが根尾昂(大阪桐蔭)。1位指名を公表した中日を筆頭に巨人阪神楽天日本ハムソフトバンクロッテオリックスなどの競合が予想されるが、実際に交渉権を獲得できるのは1球団だけだ。外れたときのリスクを考えたら、土壇場で他の候補に乗り換える球団が続出しても不思議ではない。

 まして今年は「真の1位候補選手が5、6人しかいない」というのが各球団の見立て。外れ1位もおそらく競合するだろうから、そこも外したら目も当てられない。だったら、最初から「5、6人」のうちのひとりを一本釣りした方が得策とも言えるからだ。

 そう考える球団が触手を伸ばしやすいのは意外にも吉田輝星(金足農=写真)だという。甲子園準優勝投手で人気や知名度もピカイチながら「1位」を公言する球団はゼロ。「上茶谷や甲斐野(共に東洋大)をはじめとする大学生投手を含めても実力は上」とみるスカウトもいるのに、だ。直前スカウト会議で“外れの外れの外れ”1位をつかまされるのだけは勘弁という球団が軒並み方向転換すれば、1番人気が根尾から吉田に代わるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る