米中貿易摩擦にサウジ問題…菊池は早くメジャーに行くべき

公開日: 更新日:

 我慢比べの様相を呈してきた米中の貿易戦争やサウジアラビアの著名なジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がイスタンブールの同国領事館で殺害された事件に端を発する米国やトルコとサウジの対立など、国際社会の行方は混沌さを増しているように見える。

 現時点で米国の株式相場全体は堅調だし、米国の経済成長も過熱気味といってよいほどだ。「カショギ事件」によって米国とサウジの関係が悪化することはあっても、米国経済が大きな打撃を受ける割合は高くないと考えることも可能だろう。

 カショギ氏の拉致や殺害がサウジ皇太子ムハンマド・ビン・サルマンの意向を反映している可能性が指摘されているとはいえ、米国で活躍するカショギ氏を殺害すれば米国に批判されて国際問題になることは容易に想像できる。そのような中でカショギ氏の殺害を行ったのだから、サウジ側の関係者たちは中東における米国の重要な同盟国のサウジがカショギ氏に危害を加えても、米国は問題とすることはないだろうと考え、凶行に至ったといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る