山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神に時間がなくて良かった 矢野監督就任はベストな選択

公開日: 更新日:

 阪神に矢野燿大新監督が誕生した。金本知憲前監督の電撃解任をめぐるドタバタ劇も、これで一応の決着がついた。球団としてはドラフト会議に間に合って良かった、そんな心境ではないか。

 もちろん、今回露呈された阪神のガバナンス問題は醜態としか言いようがない。数年前に三顧の礼で迎えたはずの金本前監督を不義理なかたちで解任し、着々と進行していた来季のチーム編成を白紙に戻すなど、多くの関係者の梯子を一気に外しておきながら、新たに就任した藤原崇起オーナーは金本野球の継承を矢野新監督に期待するかのような発言をした。むちゃくちゃである。ひび割れた組織を表面的に丸くおさめようとしたのかもしれないが、結果はかえって凸凹してしまった。

 金本体制の崩壊からわずか4日で矢野新体制が発表されたことについても、これを「スピード決着」などと前向きに報じるスポーツ紙も一部にはあったが、そりゃあ二軍監督からの内部昇格なのだから迅速で当然だ。むしろ醜悪なドタバタ劇がマスコミに漏れてしまった以上、球団としてはじっくり監督選びを吟味している暇はない。一刻も早く新監督を決めて、ネガティブ報道を鎮火させたかったことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る