山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神に時間がなくて良かった 矢野監督就任はベストな選択

公開日: 更新日:

 阪神矢野燿大新監督が誕生した。金本知憲前監督の電撃解任をめぐるドタバタ劇も、これで一応の決着がついた。球団としてはドラフト会議に間に合って良かった、そんな心境ではないか。

 もちろん、今回露呈された阪神のガバナンス問題は醜態としか言いようがない。数年前に三顧の礼で迎えたはずの金本前監督を不義理なかたちで解任し、着々と進行していた来季のチーム編成を白紙に戻すなど、多くの関係者の梯子を一気に外しておきながら、新たに就任した藤原崇起オーナーは金本野球の継承を矢野新監督に期待するかのような発言をした。むちゃくちゃである。ひび割れた組織を表面的に丸くおさめようとしたのかもしれないが、結果はかえって凸凹してしまった。

 金本体制の崩壊からわずか4日で矢野新体制が発表されたことについても、これを「スピード決着」などと前向きに報じるスポーツ紙も一部にはあったが、そりゃあ二軍監督からの内部昇格なのだから迅速で当然だ。むしろ醜悪なドタバタ劇がマスコミに漏れてしまった以上、球団としてはじっくり監督選びを吟味している暇はない。一刻も早く新監督を決めて、ネガティブ報道を鎮火させたかったことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る