山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神金本監督には普通の新米監督に適用されない評価基準が

公開日: 更新日:

 巨人・高橋由伸監督に続いて、阪神・金本知憲監督も辞任することになった。当初は最下位の責任を取って自ら辞任を申し出たという報道だったが、以降に一部マスコミが「実は事実上の解任だった」などと報じたことで、阪神恒例のお家騒動のにおいが漂ってきた。

 虎党の私としては、この真相がどうであれ、金本監督の辞任は致し方ないこととして受け止めている。昨年オフに新たに3年契約を結んだにもかかわらず、その1年目で判断するのは尚早ではないか……という正論もあるだろうが、そもそもプロ野球における複数年契約は絶対的な拘束力をもつものではない。それよりも、監督3年間のチーム成績(4位↓2位↓最下位)や、ある意味それ以上に重要だとされていた「生え抜きの若手育成」の結果のみを冷静に評価しなければならないだろう。金本監督は3年間という一定の業績評価ができる期間の中で満足な結果を残せなかった、あるいは未来の結果につながる兆しを導き出せなかった。それがすべてだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る