お互いをライバル視…一筋縄ではいかない新人選手の契約金

公開日: 更新日:

 何年か前、ドラフト当日の話だ。ウチが高校生右腕をドラフト3位で指名した。担当はオレ。パソコンオタクのエラいさんは「四球数が……」とか言って渋ってたみたいだけど、部長に猛烈にプッシュした甲斐があったってもんだ。

 オレは控室で指名を確認。苦労が報われたとホッとしたのも束の間、折り返しの4位で金満球団がある高校生右腕を指名したから、顔色が変わった。

 同地区にいる似たタイプの右腕で、お互いをライバル視してる。こっちは伸びシロや将来性を加味しての3位だが、実績や知名度は金満球団が指名した右腕の方がはるかに上だ。

 どうしよう……。真っ先に頭に浮かんだのは契約金の額だ。3位の高校生なら5000万円、4位なら4000万円が相場だが、なにしろ向こうにはカネがある。3位指名のこっちが5000万円なのに、4位の向こうが6000万円というんじゃ、ウチが指名した高校生右腕も、右腕を育てた野球部の監督も、ウチの球団も立場がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る