武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織圭ツアーファイナルのカギは同組フェデラーの速攻攻略

公開日: 更新日:

 錦織圭が今季の目標として掲げていたツアーファイナル出場を決めた。この大会は今シーズンの成績上位8選手によって戦われるATPツアーの仕事納め。錦織は最終戦を終えて9位だったが、4位のフアン・マルティン・デルポトロが骨折で欠場を決め、2年ぶり4度目の出場となった。

 今シーズンは手首の故障から復帰し、下部ツアーの1回戦負けからスタート。ランキングが一時は39位に落ちたことを思えば、見事なカムバックだ。ウィンブルドンで初のベスト8、全米でも2年ぶりのベスト4に入って自信を取り戻した。秋の5大会で決勝2度、残りもすべて準々決勝以上と調子は尻上がりなだけに期待も膨らむが、課題はある。

 錦織は、2016年2月のメンフィス以来、ツアー優勝から遠ざかり、決勝9連敗。

 リズムをつかんだ秋も、楽天でダニール・メドベージェフ、ウィーンではケビン・アンダーソンのビッグサーブに阻まれ、上海とパリの準々決勝で、ともにロジャー・フェデラーに敗れた。問題はこのフェデラーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る