武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織圭ツアーファイナルのカギは同組フェデラーの速攻攻略

公開日:

 錦織圭が今季の目標として掲げていたツアーファイナル出場を決めた。この大会は今シーズンの成績上位8選手によって戦われるATPツアーの仕事納め。錦織は最終戦を終えて9位だったが、4位のフアン・マルティン・デルポトロが骨折で欠場を決め、2年ぶり4度目の出場となった。

 今シーズンは手首の故障から復帰し、下部ツアーの1回戦負けからスタート。ランキングが一時は39位に落ちたことを思えば、見事なカムバックだ。ウィンブルドンで初のベスト8、全米でも2年ぶりのベスト4に入って自信を取り戻した。秋の5大会で決勝2度、残りもすべて準々決勝以上と調子は尻上がりなだけに期待も膨らむが、課題はある。

 錦織は、2016年2月のメンフィス以来、ツアー優勝から遠ざかり、決勝9連敗。

 リズムをつかんだ秋も、楽天でダニール・メドベージェフ、ウィーンではケビン・アンダーソンのビッグサーブに阻まれ、上海とパリの準々決勝で、ともにロジャー・フェデラーに敗れた。問題はこのフェデラーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る