大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

公開日: 更新日:

 一流から超一流を目指す。

 全米オープン(OP)で日本人初となるシングルス優勝を果たした大坂なおみ(20=世界ランク8位)。快挙の余韻に浸る間もなく、日本での凱旋試合となった東レ・パンパシフィック・オープンに出場し、準優勝に終わった。大会後には「疲れてる」とこぼし、ウイルス性疾患で武漢OP(中国=23日開幕)欠場を発表。そんな疲労困憊の大坂を奮い立たせているのが来月21日にシンガポールで始まるWTAファイナルズだ。優勝賞金は最高でも236万ドル(約2億6700万円)と、全米OPの380万ドル(約4億2900万円)に比べて“半額”だが、4大大会とは異なる価値がある。

 出場権は1月1日からシーズン終了(11月末)までに獲得した16大会のポイント総数(WTAツアーランキング)の上位8人のみ。前年の成績も含まれる世界ランクとは違い、1年間でリセットされる。会見で大坂は「もちろん、シンガポールにはぜひ行きたい。私の中でシンガポールが非常に重要な部分を占めている」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る