武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

GS制覇は大坂なおみに先越され…錦織圭の気になる心技体

公開日: 更新日:

 大坂なおみが東レPPO決勝で敗れ、全米オープン優勝後のフィーバーはパッタリ消えた。終わってみれば、恥ずかしくなるような騒ぎだった。

 騒ぎの理由は、あまりにも想定外だったからだ。グランドスラム優勝なんて、錦織圭の男子ならともかく、女子に先を越されるとは思いもしなかった、それが日本テニス協会などテニス関係者の偽らざる胸の内だ。

 日本のテニスはこれまで国別対抗戦のデビスカップがすべて。それが錦織の出現で個人戦へと目が移り、デ杯の概要も来年から選手本位にガラリと一新される。対応に手をこまねいていたところに大坂の快挙……スピードについていけなかった。

 その錦織はどうか。

 来週、国内唯一のATPツアー、楽天オープンが開幕する。今回はオリンピックに向けた改築で、東京・調布の武蔵野の森総合スポーツプラザでの開催。会場は狭くなるが、出場者はマリン・チリッチ、ダビド・ゴファン、ミロシュ・ラオニッチ、ニック・キリオス、スタン・ワウリンカ、デニス・シャポバロフ……ビッグ4不在とはいえ、例年になく精鋭が揃った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る