武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

GS制覇は大坂なおみに先越され…錦織圭の気になる心技体

公開日: 更新日:

 大坂なおみが東レPPO決勝で敗れ、全米オープン優勝後のフィーバーはパッタリ消えた。終わってみれば、恥ずかしくなるような騒ぎだった。

 騒ぎの理由は、あまりにも想定外だったからだ。グランドスラム優勝なんて、錦織圭の男子ならともかく、女子に先を越されるとは思いもしなかった、それが日本テニス協会などテニス関係者の偽らざる胸の内だ。

 日本のテニスはこれまで国別対抗戦のデビスカップがすべて。それが錦織の出現で個人戦へと目が移り、デ杯の概要も来年から選手本位にガラリと一新される。対応に手をこまねいていたところに大坂の快挙……スピードについていけなかった。

 その錦織はどうか。

 来週、国内唯一のATPツアー、楽天オープンが開幕する。今回はオリンピックに向けた改築で、東京・調布の武蔵野の森総合スポーツプラザでの開催。会場は狭くなるが、出場者はマリン・チリッチ、ダビド・ゴファン、ミロシュ・ラオニッチ、ニック・キリオス、スタン・ワウリンカ、デニス・シャポバロフ……ビッグ4不在とはいえ、例年になく精鋭が揃った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る