武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみ「二重国籍問題」は来季のモチベーションになる

公開日: 更新日:

 テニスは男女ともに最終局面、年間トップ8によるツアーファイナルに火花を散らしている。

 男子ATPはツアー2大会を残し、錦織圭は今季ランキングの10位につけて8番目の椅子に滑り込みをかけているが、女子は既にシンガポールで開幕、現在世界4位の大坂なおみが伊達公子、杉山愛に次ぎ日本勢3人目の出場を果たした。

 女子のツアーファイナルは賞金総額700万ドル。シングルスの優勝賞金は185万ドル(約2億円)で、全勝ならボーナス、出場料を合わせて計2億8000万円が転がり込む皮算用のビッグイベントだ。最年少の大坂なおみの、他の7人との対戦成績は4勝11敗だが、パワーと勢いはピカイチだけに本命視する声も出ていた。

 先に来日した際、テレビ局から「祝杯を挙げましたか」という質問を投げられ、大坂は驚いた表情でこう答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  3. 3

    関電疑獄は経産省が隠蔽 18年末に問題把握も目つぶったか

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  6. 6

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    「いだてん」視聴率ワースト更新で大河ドラマ存続の危機

  9. 9

    打者の胸元あたりのスピードとホップ感でミットをはねた

  10. 10

    三谷幸喜も信頼 小池栄子“アンチなし”全世代人気のワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る