武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみ「二重国籍問題」は来季のモチベーションになる

公開日: 更新日:

 テニスは男女ともに最終局面、年間トップ8によるツアーファイナルに火花を散らしている。

 男子ATPはツアー2大会を残し、錦織圭は今季ランキングの10位につけて8番目の椅子に滑り込みをかけているが、女子は既にシンガポールで開幕、現在世界4位の大坂なおみ伊達公子、杉山愛に次ぎ日本勢3人目の出場を果たした。

 女子のツアーファイナルは賞金総額700万ドル。シングルスの優勝賞金は185万ドル(約2億円)で、全勝ならボーナス、出場料を合わせて計2億8000万円が転がり込む皮算用のビッグイベントだ。最年少の大坂なおみの、他の7人との対戦成績は4勝11敗だが、パワーと勢いはピカイチだけに本命視する声も出ていた。

 先に来日した際、テレビ局から「祝杯を挙げましたか」という質問を投げられ、大坂は驚いた表情でこう答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る