武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみ「二重国籍問題」は来季のモチベーションになる

公開日: 更新日:

 テニスは男女ともに最終局面、年間トップ8によるツアーファイナルに火花を散らしている。

 男子ATPはツアー2大会を残し、錦織圭は今季ランキングの10位につけて8番目の椅子に滑り込みをかけているが、女子は既にシンガポールで開幕、現在世界4位の大坂なおみが伊達公子、杉山愛に次ぎ日本勢3人目の出場を果たした。

 女子のツアーファイナルは賞金総額700万ドル。シングルスの優勝賞金は185万ドル(約2億円)で、全勝ならボーナス、出場料を合わせて計2億8000万円が転がり込む皮算用のビッグイベントだ。最年少の大坂なおみの、他の7人との対戦成績は4勝11敗だが、パワーと勢いはピカイチだけに本命視する声も出ていた。

 先に来日した際、テレビ局から「祝杯を挙げましたか」という質問を投げられ、大坂は驚いた表情でこう答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る