5連敗で4年間勝てず…錦織圭が越えられないフェデラーの壁

公開日: 更新日:

 上海オープン(OP)準々決勝でフェデラー(37=世界ランク2位)に4―6、6―7のストレートで敗れた錦織圭(28=同12位)。対フェデラーはこれで5連敗だ。

 凡ミスはフェデラーの方が多かった。サーブ以外で自分に原因のあるミスショットは錦織の「24」に対して、フェデラーは「35」。実力を発揮したのは、むしろ錦織の方だった。

 コンディションも良かった。全英OPでは自身初のベスト8、全米OPはベスト4、楽天OPでは準優勝と好調をキープ。昨夏に痛めた右手首の不安を感じさせなかった。

 しかも、日本のテニス界は先の全米OPを制した大坂なおみブーム。メディアの注目は大坂に集中し、これまで日本テニス界の注目を一身に背負ってきた錦織のプレッシャーは多少なりとも和らいだはずだ。

 モデルの恋人との交際も順調だという。今年7月、全英OPでジョコビッチに敗れた2日後に渋谷の焼き鳥屋で仲むつまじく食事をする姿が写真誌に掲載された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る