西武は去る者追わずから一転…FA浅村“残留最優先”の本気度

公開日:

「今は西武を最優先に考えたい思いが強いです」

 7日、国内FA権を行使した西武の浅村栄斗(27)が記者会見でこう言った。西武は宣言残留を認める方針だ。

 かねて西武周辺では、「FA移籍は確実」との声があった。某西武OBがこう言う。

「楽天は4年20億円の資金を用意するなど、水面下で念入りに調査をしていた。西武でチームメートだった石井一久GM、渡辺直人とは公私で親しく、プレーしやすい環境もある。破格の条件を用意するソフトバンクとの一騎打ちになるとみていた」

 西武はこれまで、12球団最多の16人がFA移籍(海外を含む)をしている。昨年は野上が巨人へ、一昨年は岸が楽天入りした。

「西武のFA選手に対する考え方は、基本的に去るものは追わず、というものだった。資金が潤沢ではないこともあり、どうせ出ていくんだろうという態度。交渉の席でもウチはこれ以上は出せないし、そもそも、FAを行使したところで、取ってくれるところがあるのか、といった高圧的な態度が不興を買うことが多かった。そのため、西武への愛着を感じながらも、ショックを受け、FA移籍した選手は枚挙にいとまがなかった」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る