西武は去る者追わずから一転…FA浅村“残留最優先”の本気度

公開日: 更新日:

「今は西武を最優先に考えたい思いが強いです」

 7日、国内FA権を行使した西武の浅村栄斗(27)が記者会見でこう言った。西武は宣言残留を認める方針だ。

 かねて西武周辺では、「FA移籍は確実」との声があった。某西武OBがこう言う。

「楽天は4年20億円の資金を用意するなど、水面下で念入りに調査をしていた。西武でチームメートだった石井一久GM、渡辺直人とは公私で親しく、プレーしやすい環境もある。破格の条件を用意するソフトバンクとの一騎打ちになるとみていた」

 西武はこれまで、12球団最多の16人がFA移籍(海外を含む)をしている。昨年は野上が巨人へ、一昨年は岸が楽天入りした。

「西武のFA選手に対する考え方は、基本的に去るものは追わず、というものだった。資金が潤沢ではないこともあり、どうせ出ていくんだろうという態度。交渉の席でもウチはこれ以上は出せないし、そもそも、FAを行使したところで、取ってくれるところがあるのか、といった高圧的な態度が不興を買うことが多かった。そのため、西武への愛着を感じながらも、ショックを受け、FA移籍した選手は枚挙にいとまがなかった」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る