長野、宮澤、籾木…高倉監督なでしこは世代交代がスムーズ

公開日:  更新日:

 なでしこジャパン(世界7位)が、11日のノルウェー代表(同13位)戦を4―1でモノにした。高倉監督に「難しい状況で女子代表監督を引き受けながら、スムーズに世代交代を進めた。よく頑張ってるな」とねぎらいの言葉を掛けたい。

 先発したメンバーで2011年ドイツ女子W杯優勝組は、DFの熊谷(28)と鮫島(31)、ボランチのMF宇津木(29)の3人だけ。DF市瀬、MFの長谷川、三浦と21歳の若手選手がスタメンに名を連ねた。

 後半から宇津木に代わって19歳のMF長野が、同33分にMF中島(28)に代わって18歳のFW宮沢が初代表のピッチを踏んだ。同11分には2ゴールを決めたFW岩渕(25)が退き、代わって出場した22歳FW籾木がゴールを決めた。

 16年4月、なでしこジャパン監督に就任した高倉監督は、前任者の“負の遺産”を背負ってのスタートだった。佐々木則夫監督はドイツW杯メンバーに頼り切り。後事を託された高倉監督は、若手を積極的に起用しながら、<勝てるチーム>をつくり上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る