なでしこ優勝…鮫島が前線に駆け上がる姿を見たくなった

公開日:

【なでしこアジア大会 現地リポート】

 アジア大会で4大会連続で決勝に進んだ日本女子代表(なでしこジャパン)が中国を1―0で下し、2大会ぶりに金メダルを手にした。終了間際にFW菅沢優衣香(浦和レッズL)の渾身のヘディングシュートによる劇的勝利だった。優勝が決まり、キャプテンマークを巻いたDF鮫島彩(INAC神戸)は、守備陣と喜びを分かち合った。

 苦しい90分間だった。

 序盤からペースをつかみ切れず、あっという間に中国へ流れを持っていかれてしまった。

 その中で守備陣は相手の2トップを封じ、ボールをかき出し続けた。

 その中心にいたのが鮫島だ。もともと左サイドバックが本職だが、今大会は熊谷紗希(リヨン)、宇津木瑠美(シアトル・レイン)と守備系の海外組の招集が見送られ、仙台のDF市瀬菜々もケガで参加できなかった。一気に手薄になった最終ラインをまとめる鮫島。まだまだセンターバックとしては経験不足のため、試合前には相手の分析に多くの時間を割き、映像もとことん見直した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る