明治神宮大会4強敗退も 復活の高松商はセンバツ台風の目に

公開日: 更新日:

 12日、明治神宮大会準決勝が行われ、高松商(四国・香川)が星稜(北信越・石川)に4―7で敗れた。

 今大会唯一の公立校・高松商は、来秋ドラフト1位候補の星稜・奥川の前に七回まで4安打12三振1得点に抑えられたものの、九回に9番・新居が練習試合でもないという右越え3ランで一矢を報いた。高松商の長尾健司監督は試合後、「横綱対平幕、いや幕下ぐらい」と謙遜したが、初戦の準々決勝では、強豪・八戸学院光星(東北・青森)を撃破するなど地力を見せた。

 県立の古豪で、近年急激に力をつけている。2015年には明治神宮大会を制し、翌春のセンバツでも準優勝。この日2番手として星稜打線を4回2失点に抑えたエース左腕の香川は、16年のセンバツで高松商が準優勝したのを見て進学先を県外から変更したという。

 復活させたのは14年4月に就任した長尾監督によるところが大きい。県下有数の進学校である国立の香川大教育学部付属坂出中を全国レベルまで押し上げた手腕が高く評価され、人事交流で高松商へ。体育の教諭となって野球部の監督に就任した異色の経歴の持ち主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る