明治神宮大会4強敗退も 復活の高松商はセンバツ台風の目に

公開日:

 12日、明治神宮大会準決勝が行われ、高松商(四国・香川)が星稜(北信越・石川)に4―7で敗れた。

 今大会唯一の公立校・高松商は、来秋ドラフト1位候補の星稜・奥川の前に七回まで4安打12三振1得点に抑えられたものの、九回に9番・新居が練習試合でもないという右越え3ランで一矢を報いた。高松商の長尾健司監督は試合後、「横綱対平幕、いや幕下ぐらい」と謙遜したが、初戦の準々決勝では、強豪・八戸学院光星(東北・青森)を撃破するなど地力を見せた。

 県立の古豪で、近年急激に力をつけている。2015年には明治神宮大会を制し、翌春のセンバツでも準優勝。この日2番手として星稜打線を4回2失点に抑えたエース左腕の香川は、16年のセンバツで高松商が準優勝したのを見て進学先を県外から変更したという。

 復活させたのは14年4月に就任した長尾監督によるところが大きい。県下有数の進学校である国立の香川大教育学部付属坂出中を全国レベルまで押し上げた手腕が高く評価され、人事交流で高松商へ。体育の教諭となって野球部の監督に就任した異色の経歴の持ち主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る