原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

公開日:  更新日:

 広島は14日、ヘロニモ・フランスア(25)と来季の契約を更新したと発表した。

 今年5月に育成契約から支配下選手に昇格。年俸8万ドル(約910万円)で契約を交わすと、最速158キロの速球を武器に8月には月間18試合に登板し、1956年の稲尾(西鉄)らの日本記録に並ぶなどフル回転した。救援陣が軒並み苦しむ中、47試合で防御率1・66。絶対的セットアッパーとして広島のリーグV3に大きく貢献した。

 チームでは「救世主」「陰のMVP」とあがめられる。6年契約2年目の来季は、4・5倍増となる36万1450ドル(約4120万円)と大幅アップを勝ち取った。

 今季、対戦成績7勝17敗1分けと大きく負け越した巨人にとっても大きな壁となって立ちはだかる。巨人戦は10試合で防御率1・10。給料大幅アップで、来季は一層やる気を出しそうだから、復帰した原監督にとっても厄介な天敵だ。この男は年俸4000万円どころではない価値があり、「今季のマシソンの年俸3・5億円以上の価値はあるよ」とは巨人関係者。メジャースカウトは「左投手で常時150キロ台の球威、制球力、変化球の精度、スタミナなど、総合力で年10億円以上は稼げるのでは」と言う。そんな怪物左腕の契約は、あと5年もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る