原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

公開日: 更新日:

 広島は14日、ヘロニモ・フランスア(25)と来季の契約を更新したと発表した。

 今年5月に育成契約から支配下選手に昇格。年俸8万ドル(約910万円)で契約を交わすと、最速158キロの速球を武器に8月には月間18試合に登板し、1956年の稲尾(西鉄)らの日本記録に並ぶなどフル回転した。救援陣が軒並み苦しむ中、47試合で防御率1・66。絶対的セットアッパーとして広島のリーグV3に大きく貢献した。

 チームでは「救世主」「陰のMVP」とあがめられる。6年契約2年目の来季は、4・5倍増となる36万1450ドル(約4120万円)と大幅アップを勝ち取った。

 今季、対戦成績7勝17敗1分けと大きく負け越した巨人にとっても大きな壁となって立ちはだかる。巨人戦は10試合で防御率1・10。給料大幅アップで、来季は一層やる気を出しそうだから、復帰した原監督にとっても厄介な天敵だ。この男は年俸4000万円どころではない価値があり、「今季のマシソンの年俸3・5億円以上の価値はあるよ」とは巨人関係者。メジャースカウトは「左投手で常時150キロ台の球威、制球力、変化球の精度、スタミナなど、総合力で年10億円以上は稼げるのでは」と言う。そんな怪物左腕の契約は、あと5年もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る