原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

公開日: 更新日:

 侍ジャパン岡本和真(22)が9日の日米野球初戦に「6番・三塁」で出場。4タコだった。

 巨人では今季チームで唯一、全試合に出場。史上最年少で3割30本塁打100打点(.309、33本、100打点)を達成した。一塁、三塁、左翼を守ったが、126試合は一塁で先発。正三塁手だったマギーが引退を示唆しているため、原辰徳監督は「(来季は)サードを中心にという方が正しい。(守備力は年々)上がっていると思いますね。(内野守備走塁コーチだった)井端が教えてくれた。4番? そういう位置でやってもらいたい。智之(菅野)と一緒で否定はしない。(他の選手と)フラットではない」と明言しているが、一方で、こうも付け加えている。

「彼のいい特徴。サードが本職というところから、ファースト、外野も守れる。『私はここしか守れない』では競争は厳しくなる。チーム事情の中でいろいろ考えることができるのは貴重な選手だよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る