原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

公開日:

 侍ジャパンの岡本和真(22)が9日の日米野球初戦に「6番・三塁」で出場。4タコだった。

 巨人では今季チームで唯一、全試合に出場。史上最年少で3割30本塁打100打点(.309、33本、100打点)を達成した。一塁、三塁、左翼を守ったが、126試合は一塁で先発。正三塁手だったマギーが引退を示唆しているため、原辰徳監督は「(来季は)サードを中心にという方が正しい。(守備力は年々)上がっていると思いますね。(内野守備走塁コーチだった)井端が教えてくれた。4番? そういう位置でやってもらいたい。智之(菅野)と一緒で否定はしない。(他の選手と)フラットではない」と明言しているが、一方で、こうも付け加えている。

「彼のいい特徴。サードが本職というところから、ファースト、外野も守れる。『私はここしか守れない』では競争は厳しくなる。チーム事情の中でいろいろ考えることができるのは貴重な選手だよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る