巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

公開日:

 西武の渡辺久信球団本部SD兼編成部長は13日、台湾プロ野球のラミゴでプレーする王柏融外野手(25)の獲得を見送ると明言した。

 王は2016、17年と2年連続で打率4割をマーク。今季は.351で「台湾の大王」の異名がある。今オフ、ポスティングでの海外移籍を球団から容認され、「日本でプレーできたら」と話していた。

 西武は台湾出身の選手が多く、渡辺SDも現地に赴いて視察するなど、移籍先の有力候補に挙げられたこともあったが、これで可能性が消滅した。

 今年に入って現地視察するなど同じく熱心だった巨人も、原辰徳監督(60)が先月末に「結構いい選手だけど、うちは取らない」と明言。これは、獲得に動いているFA権を行使した広島・丸佳浩外野手(29)とリンクする。王とは同じ外野手、同じ左打者、同じアベレージヒッター。タイプが同じなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る