6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

公開日:

 早くもメロメロだ。巨人が16日、海外FA権を行使した西武・炭谷銀仁朗捕手(31)と都内のホテルで初交渉を行った。巨人は出来高を含め、
3年総額6億円を提示したとみられる。

 原監督は同席しなかったが、約1時間の交渉の中で大塚副代表兼編成担当を通じ、「優勝するために扇の要である炭谷君がどうしても欲しい」とのメッセージを送った。炭谷は「熱い気持ちを伝えていただいた。これから考えるが、原監督から言っていただけたのは素直にうれしい。自分の中でいい決断ができれば」とうれしそうだった。

 これまで西武から巨人へFA移籍したケースは多く、「これから野上、片岡さん、脇谷さんにいろんな話を聞こうかな」と笑顔を見せた。

 今季の年俸は1億1000万円。西武では森の台頭などもあり、47試合の出場にとどまった。実質「第3捕手」扱いで打率は・248、本塁打はゼロ。巨人のチーム内からは「6億円の価値があるのか?」「ガンガン打つならまだしも、鉄砲肩の小林の方がまだいいんじゃないか?」との声も聞かれるが、同副代表は「手応え? あったと思う。穏やかな表情だったので、いい感じなのかなと。(捕手陣に)小林もいるけど、うまく競争できれば優勝に近づく」と補強の意図を説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る