巨人が“第3捕手”と“右の代打”に年俸1.5億円ずつは本当か

公開日:  更新日:

 FA申請期間はきょう13日が最終日。西武からFA権を行使する炭谷銀仁朗(31)の獲得に乗り出す巨人はどんな条件を出すのか。

 今季の西武の捕手は、森が136試合、岡田が52試合、炭谷が47試合。それでも年俸は1億1000万円と高額だ。

「FAのルールでは前年の年俸で据え置くことになっているが、据え置かなくても『特別な事情をコミッショナーに申請すればいい』という抜け穴がある。だから実際は、かなり高めになることが多い。例えば巨人がDeNAから山口俊をFAで獲得した際、据え置きの年俸は8000万円だったが、実際は約3倍増となる2.3億円だったことが後に判明した。巨人は炭谷に現状維持の1.1億円を最低ラインとして1.5億円程度を提示する可能性は十分ある。年数は2年以上の複数年が基本だから、総額は3億円を超えてくる。西武の3番手捕手でも、FAで手を挙げる以上、礼儀としてそれなりの年俸は確保するとみられています」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る