4回転半挑戦 羽生結弦vsドミトリエフ“世界初”はどっち?

公開日: 更新日:

 グランプリシリーズ(GP)第5戦のロシア杯が開幕。自身初のGP連勝とGP10勝目を狙う羽生結弦(23)はSPで今季世界最高の110.53点をマーク。2位のクビテラシビリ(23=ジョージア)に20.59点の大差をつける貫禄の1位発進だ。

 前回のフィンランド大会では史上初となる4回転トーループ+トリプルアクセルを決めて世界最高得点(297.12)で優勝。五輪を連覇しても長期休養は取らずに勝負の世界に身を置き続けているのは、今のところ国際大会では誰も成功していないジャンプを成功させるため。子供の頃からの夢である「クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)」だ。

 フィンランド大会後には「(4回転半は)今季中にはやりたい」と語っていたから、気になるのは今大会に出場しているロシアのA・ドミトリエフ(26)だろう。このライバルは大した実績はなく、この日はミスを連発。それでも日頃の練習では4回転半ジャンプを決めており、フリーでは「世界初」を披露するのか、注目されている。

 ちなみに4回転半は着氷の際、足首への衝撃が非常に大きくケガのリスクが高い。羽生を指導するオーサーコーチは羽生の挑戦に全面賛成ではないそうだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る