4回転半挑戦 羽生結弦vsドミトリエフ“世界初”はどっち?

公開日:  更新日:

 グランプリシリーズ(GP)第5戦のロシア杯が開幕。自身初のGP連勝とGP10勝目を狙う羽生結弦(23)はSPで今季世界最高の110.53点をマーク。2位のクビテラシビリ(23=ジョージア)に20.59点の大差をつける貫禄の1位発進だ。

 前回のフィンランド大会では史上初となる4回転トーループ+トリプルアクセルを決めて世界最高得点(297.12)で優勝。五輪を連覇しても長期休養は取らずに勝負の世界に身を置き続けているのは、今のところ国際大会では誰も成功していないジャンプを成功させるため。子供の頃からの夢である「クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)」だ。

 フィンランド大会後には「(4回転半は)今季中にはやりたい」と語っていたから、気になるのは今大会に出場しているロシアのA・ドミトリエフ(26)だろう。このライバルは大した実績はなく、この日はミスを連発。それでも日頃の練習では4回転半ジャンプを決めており、フリーでは「世界初」を披露するのか、注目されている。

 ちなみに4回転半は着氷の際、足首への衝撃が非常に大きくケガのリスクが高い。羽生を指導するオーサーコーチは羽生の挑戦に全面賛成ではないそうだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る