メドベージェワ首位発進 目標は羽生との“アベック表彰台”

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのオータム・クラシック(カナダ・オークビル)が20日(日本時間21日)に開幕。初日の女子ショートプログラム(SP)は、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(18=ロシア)が70.98点で首位に立った。

 メドベージェワは、平昌五輪後、幼少の頃から指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼ氏(ロシア)から、羽生ら多くのトップスケーターを教え子に抱えるブライアン・オーサー氏(カナダ)にコーチを変更。

 今季初戦を前に「昨季終了後、人生のすべてを変えた。今回の目標はスケートを楽しむこと」と、勝敗には無関心を装ったが、内心はロシア人コーチへの意趣返しに燃えている。

 今年5月にトゥトベリーゼ氏と決別したのは、同僚で平昌金メダルのアリーナ・ザギトワ(16=同)を寵愛する同氏に不信感が芽生えたからだといわれる。それに加え、男子のトップスケーターである羽生に憧れていたこともカナダ移住のきっかけになった。

 かつてのロシアの女王は、羽生とのアベック表彰台が今季の目標になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る