賞金王にこだわる今平周吾に「世界ランク意識を」の指摘

公開日: 更新日:

【ダンロップフェニックス】

 あっけない幕切れだった。最終組から2組前の市原弘大(36)がベストスコア63をマークして通算15アンダーで上がり、クラブハウスリーダー。

 初優勝に挑んだ単独首位発進の堀川未来夢(25)も同スコアで並び最終18番パー5を迎えた。ここは2オンも可能で、平均スコア4.656とやさしく、ボギーを叩いたのは61選手中たった4人だけ。もちろんダブルボギー以上はゼロ。しかし、堀川は3打目でピンに近い右バンカーにつかまり、寄らず入らずのボギー。最後は盛り上がりに欠け、市原に今季2勝目が転がりこんだ。

 賞金レース首位に立つ2打差2位発進の今平周吾(26)も冴えなかった。

 最終日はスコアを1つ伸ばしただけで8位タイに終わった。


「あと2戦あり、そこで優勝したい。賞金王を意識しており、なりたいというのはありますね」(今平)と語ったが、海外ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏は、「もっと世界ランクを上げる意識を持つべきだ」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る