賞金王にこだわる今平周吾に「世界ランク意識を」の指摘

公開日:

【ダンロップフェニックス】

 あっけない幕切れだった。最終組から2組前の市原弘大(36)がベストスコア63をマークして通算15アンダーで上がり、クラブハウスリーダー。

 初優勝に挑んだ単独首位発進の堀川未来夢(25)も同スコアで並び最終18番パー5を迎えた。ここは2オンも可能で、平均スコア4.656とやさしく、ボギーを叩いたのは61選手中たった4人だけ。もちろんダブルボギー以上はゼロ。しかし、堀川は3打目でピンに近い右バンカーにつかまり、寄らず入らずのボギー。最後は盛り上がりに欠け、市原に今季2勝目が転がりこんだ。

 賞金レース首位に立つ2打差2位発進の今平周吾(26)も冴えなかった。

 最終日はスコアを1つ伸ばしただけで8位タイに終わった。


「あと2戦あり、そこで優勝したい。賞金王を意識しており、なりたいというのはありますね」(今平)と語ったが、海外ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏は、「もっと世界ランクを上げる意識を持つべきだ」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る