交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

公開日: 更新日:

 アッサリ蹴飛ばした。19日、国内FA権を行使した西武浅村栄斗(28)が代理人を通じて、オリックスに断りの連絡を入れた。オリックスは4年総額20億円といわれる条件を用意。近日中にも交渉する予定だったが、正式にテーブルに着くこともなくソデにするとは、よほどのことだ。

 さる在阪のマスコミ関係者は「嫌われても仕方がない」と、こう続ける。

「オリックスは親会社の業績が好調で、12球団の中でも資金力は豊富。『カネ払いがいい』と選手にも評判になっている。一方で今オフは、4年20億円超の契約が満了した金子に4億円以上のダウンを提示。自由契約が決まった中島は、14年オフに3年総額14億円以上の破格契約で獲得したが、2億円を超える大幅減俸を通達して交渉が決裂した。2人の働きぶりならガツンと下げられて当然ですけど、良い時と悪い時の差が極端すぎる。しかも、浅村は西武OBである中島のことを慕っている。『明日は我が身』と気持ちが萎えますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る