交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

公開日:  更新日:

 アッサリ蹴飛ばした。19日、国内FA権を行使した西武の浅村栄斗(28)が代理人を通じて、オリックスに断りの連絡を入れた。オリックスは4年総額20億円といわれる条件を用意。近日中にも交渉する予定だったが、正式にテーブルに着くこともなくソデにするとは、よほどのことだ。

 さる在阪のマスコミ関係者は「嫌われても仕方がない」と、こう続ける。

「オリックスは親会社の業績が好調で、12球団の中でも資金力は豊富。『カネ払いがいい』と選手にも評判になっている。一方で今オフは、4年20億円超の契約が満了した金子に4億円以上のダウンを提示。自由契約が決まった中島は、14年オフに3年総額14億円以上の破格契約で獲得したが、2億円を超える大幅減俸を通達して交渉が決裂した。2人の働きぶりならガツンと下げられて当然ですけど、良い時と悪い時の差が極端すぎる。しかも、浅村は西武OBである中島のことを慕っている。『明日は我が身』と気持ちが萎えますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る