FA権行使の西武浅村 争奪戦のカギは「カネ」か「人脈」か

公開日: 更新日:

 5日、西武浅村栄斗(27)がFA権を行使することが、球団から発表された。浅村は今季、打率.310、32本塁打、リーグ最多の127打点。3年連続フル出場を続けているタフさも評価されており、争奪戦になるのは必至だ。

 もっか、浅村取りに動くといわれているのがソフトバンク楽天オリックスの3球団。年俸2億1000万円からの大幅増は前提として、まず、「カネ」でいえばソフトバンクの圧勝だろう。

 2010年オフに横浜(現DeNA)からFA移籍した内川は、年俸変動制の4年最大13億円という大型契約を結んだ。移籍1年目の11年に首位打者(.338)を獲得すると、出来高だけで9000万円の稼ぎ。13年オフに中日から移籍した中田も、4年最大10億円の契約だった。

 FA以外でも、14年オフに米国から戻ってきた松坂(現中日)には4年総額16億円。ロッテから移籍のデスパイネとは来季までの3年総額12億円と、本当に欲しい選手にはカネに糸目をつけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    秋ドラマ注目の若手女優5人を美少女・女優評論家が選ぶ

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る