FA権行使の西武浅村 争奪戦のカギは「カネ」か「人脈」か

公開日:

 5日、西武の浅村栄斗(27)がFA権を行使することが、球団から発表された。浅村は今季、打率.310、32本塁打、リーグ最多の127打点。3年連続フル出場を続けているタフさも評価されており、争奪戦になるのは必至だ。

 もっか、浅村取りに動くといわれているのがソフトバンク、楽天、オリックスの3球団。年俸2億1000万円からの大幅増は前提として、まず、「カネ」でいえばソフトバンクの圧勝だろう。

 2010年オフに横浜(現DeNA)からFA移籍した内川は、年俸変動制の4年最大13億円という大型契約を結んだ。移籍1年目の11年に首位打者(.338)を獲得すると、出来高だけで9000万円の稼ぎ。13年オフに中日から移籍した中田も、4年最大10億円の契約だった。

 FA以外でも、14年オフに米国から戻ってきた松坂(現中日)には4年総額16億円。ロッテから移籍のデスパイネとは来季までの3年総額12億円と、本当に欲しい選手にはカネに糸目をつけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る