山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

ミスタータイガース掛布が阪神の監督にならなくて良かった

公開日:

 これでもう掛布雅之監督の目はなくなった。阪神の新監督に矢野燿大が就任したことで、私はそんなことを考えた。

 かつて一世を風靡した背番号31のミスタータイガースも、33歳という若さで引退して以降、早いもので30年が経過した。その間、いつかの阪神監督を常に期待されながらも、いろいろあって実現には至らなかった。

 現在63歳。監督の契約年数はあってないようなものだが、仮に矢野監督の任期が3年で終わったとしても(阪神にとって良くないが)、そのころの掛布(敬称略)は60代後半。さすがに新米監督として一からスタートするには遅すぎる。現実的に考えて、いつかの「掛布監督」というオールド阪神ファンの夢はついえたと言っていいだろう。

 確かに寂しい話ではある。「名選手、名監督にあらず」といった球界の定説については理解しているつもりだが、それでも掛布監督を一度は拝んでみたいと願う虎党の気持ちを私は否定できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る