地味感が拭えぬ矢野阪神…関西メディアは中日根尾シフトへ

公開日:

「地味感は否めない」

 阪神について、関西のマスコミ関係者が頭を抱えている。

 矢野新監督で秋季キャンプがスタートしたが、初日の観客は平日とはいえ500人と寂しい限り。前任の金本監督の1年目は抜群の集客を誇ったが、「矢野監督は新任でなく、ドラフト1位で藤原(大阪桐蔭)をクジで外したことで話題の新人もいない。しかも今年は最下位。盛り上がる要素がない」とは、前出の関係者だ。

 一方、来春キャンプにかけて、中日が注目を集めることは間違いない。

 スター選手の根尾昂(大阪桐蔭)を1位指名。4球団競合の末に交渉権を獲得した。中日を担当するスポーツ紙記者の大半は関西が拠点。各社は早くも、来春キャンプでの「根尾担当」の配置を検討している。

「全国的には阪神より根尾。阪神のお膝元である関西メディアでも逆転現象が起きかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る