巨人は来季も捕手補強? 炭谷「3年6億円」でもガケッぷち

公開日: 更新日:

 巨人は26日、西武からFA宣言した炭谷銀仁朗(31)の入団会見を行った。炭谷が「年齢的に30歳を超えて、自分をもう一回り、二回り大きくしたい。原監督から電話を頂いて熱いものを感じた」と言えば、同席した原辰徳監督(60)は「捕手は非常に重要。若い小林、大城、宇佐見、いい捕手はいるが、日本一を狙うには時期尚早。そういう中でFAで炭谷君の名前があった。真っ先に球団の方に捕手の一員に入れてくださいと最初の願いを伝えた」と補強の必要性を強調した。

 西武では今季、森の台頭で出場試合数が減り、47試合で打率.248、9打点に終わった。それでも年俸1億5000万円で3年総額6億円だ。

 巨人にこれまでFA入団した選手で、これに近い条件は、3年5億円の片岡、同じく3年5億円の大竹、3年4億5000万円の野上らが挙げられる。片岡は炭谷と同じ年俸1億5000万円から4年間在籍し、最終的に6000万円で引退。大竹は年俸1億円の3年契約が切れた後、7000万円、今季は5250万円と年俸は半値ほどに下落した。1年目の野上は今季4勝4敗で春先に先発失格の烙印を押されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  4. 4

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  5. 5

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  6. 6

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  7. 7

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    20歳の渋野日向子ツアー初Vで加速「女子プロは命短し…」

  10. 10

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る