メジャーも評価 パ新人王の楽天・田中和基ってどんな選手

公開日:

 27日に行われたNPBアワーズで、楽天の田中和基外野手(24)がパの新人王を獲得。「自分が取れるとは思っていなかったので、素直にうれしい」と喜びを口にした。

 16年ドラフト3位で立大から入団したスイッチヒッターは、2年目の今季、主に1番で105試合に出場し、18本塁打、45打点、21盗塁、打率.265をマーク。エンゼルスの大谷を参考に、ノーステップ打法に取り組んだことが奏功し、8月1日のオリックス戦では、左右両打席で本塁打を放った。

 今月は日米野球で日の丸ユニホームに袖を通した。試合では目立った結果を残すことはできなかったが、視察に訪れた米西海岸の球団の某スカウトは、「まだ粗削りなところはあるが、特に左打席は大きくていいスイングをしている。逆方向にも大きな当たりを打てそうだ。肩の強さ、脚力を含めて将来性を感じる」と評価していた。

 来季の課題は、シーズンを通した安定感と、打率.223、7本塁打だった右打席での確実性の向上。「メジャーの卵」は飛躍を遂げられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る