メジャーも評価 パ新人王の楽天・田中和基ってどんな選手

公開日: 更新日:

 27日に行われたNPBアワーズで、楽天の田中和基外野手(24)がパの新人王を獲得。「自分が取れるとは思っていなかったので、素直にうれしい」と喜びを口にした。

 16年ドラフト3位で立大から入団したスイッチヒッターは、2年目の今季、主に1番で105試合に出場し、18本塁打、45打点、21盗塁、打率.265をマーク。エンゼルスの大谷を参考に、ノーステップ打法に取り組んだことが奏功し、8月1日のオリックス戦では、左右両打席で本塁打を放った。

 今月は日米野球で日の丸ユニホームに袖を通した。試合では目立った結果を残すことはできなかったが、視察に訪れた米西海岸の球団の某スカウトは、「まだ粗削りなところはあるが、特に左打席は大きくていいスイングをしている。逆方向にも大きな当たりを打てそうだ。肩の強さ、脚力を含めて将来性を感じる」と評価していた。

 来季の課題は、シーズンを通した安定感と、打率.223、7本塁打だった右打席での確実性の向上。「メジャーの卵」は飛躍を遂げられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る