小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

イチローの偉大な記録を見直して浮かんだ新たな「数字」

公開日:

 今年5月、マリナーズの社長特別補佐となり試合から遠ざかってしまったイチロー。ギネスも認める日米通算4367安打の世界記録保持者である。メジャーリーグでの活躍を振り返り、「リビングレジェンド」と呼ばれるゆえんを、いま一度探りたい。

 2001年にメジャー入りすると、いきなり球宴最多得票の人気ぶり。首位打者、最多安打、盗塁王(.350、242安打、56盗塁)の衝撃デビューを飾りMVP、新人王に輝き、ゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞(ポジション別に打撃の最も優れた選手に贈られる)も受賞。同一シーズン7冠は史上初の快挙だった。活躍の裏には体重コントロールの成功がある。162試合の長丁場を乗り切るには、筋肉をつけ、体重増が不可欠と信じられてきた。しかしイチローは、「試したら体が動かなかった」と言う。すぐにオリックス時代の体に戻したのだ。その後、10年連続200安打の新記録をつくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る