FA西と自由契約・金子の共通項 条件闘争にメジャー“利用”

公開日:

「チームメートとはいえ、やり方が似すぎだよ」

 オリックスOBが苦笑いしながらこう言った。今オフ、オリックスからFA宣言した西勇輝(28)と、同球団から5億円減の提示をされて自由契約を申し入れた金子千尋(35)のことだ。

 このOBによれば、2人は揃ってオリックスとの交渉の席で「メジャー挑戦」をにおわせる発言をしているというのだ。

 たとえば金子は14年オフ、国内FA権を行使したうえで、オリックスにポスティングによるメジャー移籍を要望。ソフトバンクなど国内他球団との争奪戦の末、オリックスと4年24億円(推定)で残留した。

「今回の西の動きは、4年前の金子の時と似ている。ポスティングをチラつかせながら、FA宣言し、他球団との交渉に臨んだ。オリックスはそのやり方を心得ており、マネーゲームには乗らなかった。ソフトバンクや阪神が4年総額20億円級の破格条件を用意する一方、4年10億円の提示にとどめた。放出やむなしです」(オリックスOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る