FA西と自由契約・金子の共通項 条件闘争にメジャー“利用”

公開日: 更新日:

「チームメートとはいえ、やり方が似すぎだよ」

 オリックスOBが苦笑いしながらこう言った。今オフ、オリックスからFA宣言した西勇輝(28)と、同球団から5億円減の提示をされて自由契約を申し入れた金子千尋(35)のことだ。

 このOBによれば、2人は揃ってオリックスとの交渉の席で「メジャー挑戦」をにおわせる発言をしているというのだ。

 たとえば金子は14年オフ、国内FA権を行使したうえで、オリックスにポスティングによるメジャー移籍を要望。ソフトバンクなど国内他球団との争奪戦の末、オリックスと4年24億円(推定)で残留した。

「今回の西の動きは、4年前の金子の時と似ている。ポスティングをチラつかせながら、FA宣言し、他球団との交渉に臨んだ。オリックスはそのやり方を心得ており、マネーゲームには乗らなかった。ソフトバンクや阪神が4年総額20億円級の破格条件を用意する一方、4年10億円の提示にとどめた。放出やむなしです」(オリックスOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る