則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

公開日: 更新日:

 正念場はこれからだ。

 西武の浅村栄斗(28)を獲得し、FA補強「一番乗り」を果たした楽天。9月に就任したばかりの石井一久GMが自身のFA経験を交えて「移籍を経験しないで終わるのはもったいない」と説得し、「来てくれるだけで意味がある」と口説き落とした。

 来月の入団会見を前に、石井GMは「初勝利」に酔いしれているだろうが、ウカウカしてもいられない。というのも、楽天は来オフ、怒涛のFAラッシュが控えているのだ。

 順調にいけば、則本昂大(27)、美馬学(32)、銀次(30)、岡島豪郎(29)が来季中に国内FA権を取得する。エースの則本はメジャー挑戦を見据えているため権利行使の可能性が低い一方、来季で3年契約が満了。オフにはポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦について球団と話し合うことを約束している。このほか、今江と福山も故障者特例措置での取得が予想され、最多6人が流出する危険性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る