松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

後輩の後塵拝しメジャー挑戦する菊池雄星の悩みを想像する

公開日:

 ついに菊池雄星がメジャーへ行く。彼の人知れぬ悩みを想像する。

「いや、意識してないって言えば嘘になりますよ。甲子園もボクのほうが先です。ベスト4と準優勝ですから、こっちのほうが上です。高校卒業でメジャーに挑戦したいって言ったのもボクのほうが先です。前例がなかったからNPBに入ったのもボクのほうが先です。

 でも、後からドドドドドドドドって、すごい勢いで追い越して行っちゃったんです。翔平が!

 まばたき1回するかしないか、もう、あっという間に、ぶわ~~~って風みたいに追い越して行っちゃったんです。

 いや、翔平いいやつです。礼儀正しいし、会えば、雄星先輩ッ!て駆け寄って最敬礼しますし、非の打ちどころがないです。人一倍努力するし、ストイックだし、自分で考えて自分で決めるし、すごいです。でも、ボクもやってます。比べるわけじゃないですけど、比べてますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る