松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「広島丸」よ、呉沖の不穏な「原潜」に注意されたし

公開日:

 日本シリーズでカープが(案外)あっさりと負けちまった。

 セ・リーグで独り勝ち。どことも競ったことがないんだから、普通に野球をすれば勝てるという慢心もあったか?

 球場は相変わらず真っ赤に染まったが、ホークスに一方的にやられた。中でもトンと打てなかった丸の心にあいた丸い穴をどうすべかなぁ?

 なにやら、音も立てずに静かに忍び寄る敵潜水艦がおるらしいぞ。この時期やたらあっちゃこっちゃにトラップを仕掛けて、敵の主力を根こそぎかっさらう「原潜」だよ「原潜」。

 新造船の高橋丸でこぎ出したが不漁続き。とっくにドックに入れられて解体されると思ってたが、急きょお鉢が回ってきた高橋丸に代わる「原潜」だよ「原潜」。

 中古のエンジンだが、いったん火を入れたら、なにしろ原潜だぁ。めったなことじゃ止まらねえぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る