松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「広島丸」よ、呉沖の不穏な「原潜」に注意されたし

公開日:

 日本シリーズでカープが(案外)あっさりと負けちまった。

 セ・リーグで独り勝ち。どことも競ったことがないんだから、普通に野球をすれば勝てるという慢心もあったか?

 球場は相変わらず真っ赤に染まったが、ホークスに一方的にやられた。中でもトンと打てなかった丸の心にあいた丸い穴をどうすべかなぁ?

 なにやら、音も立てずに静かに忍び寄る敵潜水艦がおるらしいぞ。この時期やたらあっちゃこっちゃにトラップを仕掛けて、敵の主力を根こそぎかっさらう「原潜」だよ「原潜」。

 新造船の高橋丸でこぎ出したが不漁続き。とっくにドックに入れられて解体されると思ってたが、急きょお鉢が回ってきた高橋丸に代わる「原潜」だよ「原潜」。

 中古のエンジンだが、いったん火を入れたら、なにしろ原潜だぁ。めったなことじゃ止まらねえぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る