松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

プロ野球「名球会」ってナンなんだ?

公開日:

 プロ野球「名球会」からなにを連想する?

 仏壇の死んだひいじいちゃんの位牌の前に供えてある勲六等どうのこうの勲章。もらったときは色鮮やかだっただろうリボンも色褪せて(たぶんおふくろが朝晩供えるお茶とかをこぼしたらしいシミとかも茶色く染み付いたりして)、さ~て、これどんだけの値打ちがあるんかねえ? 鑑定団とかに出しても、値段は付かねえだろなあ。

 首位打者、打点王、本塁打王、MVPのトロフィーならどれも、おお名選手! と一目で分かるが、「名球会」って、誰が決めたんだか、てめえらで「名」だなんて偉そうに、なんだか手前味噌な感じ、あんた、しません?

 そりゃまあ、年食っても体形スマートで、打っても守ってもまだ現役いけるね、って秋山幸二だのも交じるが、内臓脂肪がわりとよくない傾向で、内科医とかにかかってるんで、ないかい? と心配しつつも、おお、野茂ってまだトルネードで投げトルネ~ど、ってまあ、昔の面影がありゃいいよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る