田中浩康
著者のコラム一覧
田中浩康

1982年、京都生まれの36歳。尽誠学園高(香川)、早大を経て、04年自由獲得枠でヤクルト入団。17年にDeNA移籍し、18年限りで現役引退。プロ通算14年、1292試合出場、1018安打、歴代5位の302犠打をマーク。二塁手としてベストナイン2回(07年、12年)、ゴールデン・グラブ賞1回(12年)。

2000安打達成で「次は3000本を」憧れの鳥谷敬さんへの言葉

公開日:

 阪神の鳥谷敬さんは大学の1年先輩。大学ナンバーワンの遊撃手といわれ、憧れの存在だった鳥谷先輩と二遊間を組んだ大学時代の3年間は、かけがえのない時間です。

 僕が大学3年だった2003年夏、青木宣親さん(ヤクルト)たちと一緒に、日米大学野球選手権の代表メンバーに選ばれ、アメリカで試合をしました。ニューヨーク5番街で一緒に買い物したことが懐かしいです。

 鳥谷さんは阪神へ入団し、僕はその1年後にヤクルトへ。大学の先輩といえども、あくまで同一リーグの敵チームの選手だという意識は常に持っていました。

 鳥谷さんはプロ1年目の04年9月から今年5月までの約14年間、1939試合に連続出場しました。

 昨年、顔に死球を受けた際に鼻を骨折したと聞きましたが、その翌日にはもう、プロテクターをつけて試合に出ていました。もしかしたら、選手生命にかかわるかもしれない……。そのときばかりは、さすがに休んでもいいのではないかと心配しましたが、遊撃手としてスタートしたプロ生活で、三塁、二塁とポジションを変えながらも、一日も休まずグラウンドに立ち続けました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る