田中浩康
著者のコラム一覧
田中浩康

1982年、京都生まれの36歳。尽誠学園高(香川)、早大を経て、04年自由獲得枠でヤクルト入団。17年にDeNA移籍し、18年限りで現役引退。プロ通算14年、1292試合出場、1018安打、歴代5位の302犠打をマーク。二塁手としてベストナイン2回(07年、12年)、ゴールデン・グラブ賞1回(12年)。

「打たさねぇからな」開幕戦で石川雅規さんと夢の初対戦

公開日:

 プロ入りして初めてのビールかけに酔いしれました。ヤクルト時代の2015年のことです。

 当時の真中満監督をはじめ、同い年で打点王になった畠山和洋、首位打者を獲得した川端慎吾、トリプルスリーを達成した山田哲人たちと一緒に、いい思いをさせてもらいました。神宮のグラウンドでビールかけをしたときは、心の底からうれしい気持ちになりました。

 僕はこの年、プロ入りして初めて、外野にチャレンジしました。真中監督から「やってみないか」と声をかけてもらったことがきっかけです。バックアップという位置づけではあったとはいえ、82試合に出場したうち23試合で外野を守り、一塁でも4試合に出場しました。二塁のポジションとは違う景色の中でプレーし、一塁守備では扱いやすさを優先してオールラウンド用のグラブを使いました。改めて気づかされたことも多く、野球人としての幅が広がったと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る